Home>注目記事>中古のiphoneを購入する際の注意ポイントを押さえておこう!

人気のiphone

スマホ

日本は特にiphoneを使用するユーザーが多い結果となっており、その理由としては通信品質や会社の信頼性、カメラ機能など端末の性能が高いという点が挙げられます。また、アクセサリなどもiphoneは充実しているため自身でカスタマイズを楽しむことも可能です。

中古でiphoneを購入するメリットランキング

no.1

端末費用の削減

十万円以上する端末料金を毎月分割で支払い続けるとなると月々の支払い額は少ないとは言え、支払いを終えるまでに2年近くかかってしまいます。しかし、中古であれば1万円台で購入できるiphoneもあるため、一括で支払うことにより月々端末費用を支払わなくて済むと言えるでしょう。

no.2

安くで買える

例えば10万円するiphoneが8万円や9万円で購入できたり、昔のモデルであれば半額以下の値段で購入することができたりします。

no.3

最新機種が購入できることもある

iphoneの最新機種が発売されるとすぐに売り切れてしまう他、なかなか手に入れることができないと言えます。しかし、中には最新機種をすぐに買取依頼する人もいるため決して安くはありませんが定価よりもほんの少し安い価格で手に入ることもあります。

中古のiphoneを購入する際の注意ポイントを押さえておこう!

購入先は慎重に選ぶことが大事

メリットが多い中古のiphoneですが、購入先をいい加減に選んでしまうと損をすることもあるので購入先は慎重に選ぶようにしましょう。特に個人間の売買はトラブルになることもあるので注意しなければなりません。また、前払いで料金を支払ったのにiphoneが届かないということもあるので、購入先は信頼できるところを選ぶ必要があると言えます。購入先が信頼できるかどうかはインターネットでも調べることが可能です。利用者の口コミ情報なども参考になるため、細かくチェックしてみると良いでしょう。そうすることでトラブルを防ぐことができ、心配なく手に入れることができると言えます。

赤ロムに注意!

スマホを使用している人の中には端末代を支払い終わっていない状態で売りに出すということもあります。また、中には契約で不正があった場合や窃盗スマホを売りに出すということもあるでしょう。それらが市場に出回っている可能性があり、いわゆる赤ロムと呼ばれるものです。赤ロムであった場合、利用制限が急にかかってしまうこともあるため、購入する際は赤ロムではないか確認した上で購入手続きを踏むことが大切だと言えます。購入先によっては利用制限が記載されていることもあるので、確認してみると良いです。また、購入後に心配であれば端末のIMEI番号から確認することができます。